<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

希望の花

胡蝶ランのつぼみがだいぶ大きくなってきました。
c0066693_18282619.jpg


つぼみをアップしました。(ボケピンですいません。)
c0066693_1829189.jpg


しかももう一本花が咲くつるが伸び始めました。
c0066693_18302241.jpg


昨年、お客様の奈良様より頂いた胡蝶ラン。まさか花が咲くようになるなんて夢のようです。
しかも2本出そうな雰囲気です・・・

震災の方々への思いを込めて咲かせます。



こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-30 18:33 | ホッと一息 | Comments(2)

もうすぐ完成

高崎市 S様邸が足場も取れて、もうじき完成になります。

今回は、色々と大変の状況がありましたが、無事完成の目処が立ちました。

現在玄関タイル、電気器具つけ、外部配管工事等進行中です。

子供さんの共用ホール(勉強テーブル)から1メートル(スキップフロアー)下のDKを
見た様子
c0066693_16134539.jpg


完成した時には、色々な見どころをアップします。ご期待ください。




こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-28 16:15 | 家造り | Comments(0)

感動!!

今朝は、大変感動的なレポートを頂きました。

我々の仲間である被災地岩手盛岡市のサコンホームさんからすごい報告が届きました。


盛岡市から沿岸部の被災地に救援物資を運ぶ途中の様子
c0066693_9302121.jpg

見渡す限り瓦礫の状態です。目を覆いたくなる光景です。
c0066693_9335741.jpg

その中に一軒だけ残っている家がありました。
c0066693_9313750.jpg

近づいてみるとそちらがサトコンホームさんのお客さんの家でした。
c0066693_935133.jpg

サトコンホームさんのロゴ入りの透湿防水シートが見えます。
壊れているところからFPウレタンパネルの破片も見えます。
c0066693_9364925.jpg


こちらにお住まいのご家族は、地震発生後すぐに車で高台に避難して
無事であったとのことです。さすがに家はだめだろうと来てみるとこの通りで、周りの家がほとんど流出
している中で、2階は問題なく、応急危険度判定も大きく「OK」と書かれていて本当にびっくりしたり
感動したそうです。

地震には強さが証明されていてもまさか津波にも耐えていたとは、私は改めて本当にこの工法を
選択して皆様に安心と安全をお届けできることに誇りを感じております。
これだけの大きな被害を受けた地域でも

サトコンホーム ・・・・ ブログ
 ホームページ




こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-25 09:43 | 家造り | Comments(4)

やっと・・・・

やっとのことで・・・・

今屋根、外壁等の外部リフォーム進行中のお客様が2件ありますが、

そのうちの1件が、後8割くらいの段階で大震災になり、追加の外壁材が

どうなるかが全く分からず毎日やきもきして胃の痛くなる思いをしていましたが、

やっと明日から残工事にかかれる運びとなりました。

各方面の方々には大変感謝申し上げます。

工事の段取りくらいで何だと、被災地の方に叱られてしまうかもしれませんが、

我々にも大変な一大事であるんです。

先行きを心配されるかともたくさんいらっしゃいますが、本当です。

一刻でも、一日でも早く復旧してほしいです。

被災されていない地域に住む我々も、風評被害等に巻き込まれぬよう

しっかりと判断して行動していきたいですね。

被災された方々の復興を心からお祈りいたします。




こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-24 19:10 | 家造り | Comments(0)

復興に向けて

今週も寒い雨のスタートとなりました。

このところ同じパターンになってます。とにかく早く暖かな気候になってほしいです。

私の会社は、目の前がJR高崎線、すぐ東側が地方道重要路線、すぐ裏が国道17号線。

と、色々な物流の「今」が見てとれます。

タンクローリーやタンク貨車、大量の建材、資材を積んだ大型トラック等が

かなり多くなって来ています。

一刻でも早く被災地に届く事を祈ります。ですが、テレビ等を見ているとなかなか被災地には

最重要なガソリンなども届いていない様子に毎日歯がゆいです。

全国民が力を合わせて復興と支援に協力しましょう。

不用な買いだめは、本当に控えたいものですね。

うちの下の娘は2回目の献血に行くそうです。自分の娘ながら頼もしいです。

今自分に出来ることで支援しましょう。私もがんばらねば!!




こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-22 09:13 | ひとり言 | Comments(0)

うぐいす

今朝、今年初めてのうぐいすの初鳴きを聞く事が出来ました。

7時位から15分ほど我が家の花もだいぶ終わりに近い紅梅に・・・

季節は確実に移っていくのです。

あんな大震災がなければ、東北のみなさんにも…・とつい考えてしましました。

まだまだ本格的な鳴き方ではなかったですが、心の氷が解ける感じがしました。

明日は雨の予報ですので、お墓参りも一日早いのですが、今日済ませました。

震災の彼の地にとどけ初鳴きを






こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-20 17:09 | 季節の話題 | Comments(0)

構造現場見学会

きょうは、構造現場見学会を安中市の I 様邸で行いました。

色々春秋したのですが、群馬の場合を考えて重要な構造躯体の造りかたは

やはり、真剣に家造りを考えている方にはお伝えするのが我々の責務と思い

午前中のご予約の方のみでしたが、行いました。

「親子三代健康住宅」を提唱している私としても

住宅の耐震構造は大変重要ですから、多くの方に知ってほしいところです。

なかなか難しいところですが、実施することに決めました。

参加された方の真剣なご様子を見るにつけ実施した事が良かったと思うとともに

さらなる研鑽と責任の重さを感じました。

今月の27日も行います。

ガソリンの事情もありますので、お近くの方でご都合がつく方は是非ご参加ください。

ご予約はこちら
フリーダイアル 0120-605-556まで

こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-20 16:39 | 家造り | Comments(0)

震災の痕

きょう、打ち合わせでお邪魔したうちのお客様の前の家を

話しをしながら何気なく見ると、棟瓦(ぐし)が崩れていた。

今回の震災では私は直接被害を見ていなかったので

初めての経験になった。

私のところではほとんど実害が出ていなかったので

少し驚いたが、震源に近い地域の事を考えると本当に助けられたと実感した。

きょうも換気システム運転の要領等を皆様にご案内した。

そんな中で、安心できる家である事を皆様からおっしゃっていただいた。

感謝すると共に、責任の重さを実感した。

こちらにワンクリック!!ありがとうございます。励みになります!!
にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-18 17:05 | 家造り | Comments(0)

寒くなりませんよう

また、寒波が来るようです。雪も降っている様子。

被災された地域がこれ以上大変な状況になりませんよう、

心から祈ります。

世界中から沢山の激励が届いています。

「Pray for Japan 」もその一つ。「日本に祈りを」ということの

運動らしいですが、本当にありがたいですね。

こちらの地域でも計画停電等がありますが、節電に勤めましょう。
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-16 19:14 | ひとり言 | Comments(2)

緊急告知

ブロガーのみなさん、記事転載をして
少しでもお役にたてればと思います。ご協力ください。

「 ブロガーは拡散してください。

 ブロガーは記事を転載してください。

 MIXI・facebook・twitter・ブログ等

 貴方の1記事が人を助けることが出来ます。

 協力してください。

 ■ツイッター上で相談に乗ってくれる医師の方々
 @gensann

 @shigehira

 @atsushimiyahara

 @yujirokon

 @tonishi0610

 @psychiatrist_uk

 ●被災者の方
 1.伝言ダイヤル「171」を押す
 2.「1」を押す
 3.自宅の電話番号を押す
 4.伝言を録音する

 ●安否を確認したい方
 1.伝言ダイヤル「171」を押す
 2.「2」を押す
 3.安否を確認したい方の電話番号を押す
 4.録音された伝言を再生する

 ※携帯電話からもご利用いただけます


 ■関連ニュース・最新情報はこちら
 ⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000090-jij-soci


 ■携帯各社の伝言ダイヤルです。 
 au:⇒http://bit.ly/eoeUc2  
 ドコモ:⇒http://bit.ly/hF2BHS  
 SF:⇒http://bit.ly/eoeUc2  
 イーモバ:⇒http://bit.ly/eY2sIe


 ■救出救助などに関してです。渋谷区の防災から転載

 救出救助と応急救護

 地震では、倒れた建物や家具の下敷きになる人が出ることが多くあります。
 早く助け出さないと、死んでしまいます。
 しかし、多くの生き埋めやけが人が発生する震災では、防災機関(警察・消防)
 だけですべての現場に対応することは困難です。
 そのとき、そこにいる人の手で、救出・救助・救護活動を始めましょう。

 救出作業は、ひとりではできません。多くの人手があるほど、救出作業は楽に
 なります。
 直接作業にあたる人はもちろん、作業の助けになる資器材を探してくる人、
 治療が可能な医療機関を探す人など、まず、多くの人を集めます。

 救出救助

 埋まっている人に声をかけ、様子を確かめます。
 救出の妨げになるものから、順に取り除いていきます。重い物を持ち上げるときは、
 複数の手で、声を掛け合い、ゆっくりと。
 救出作業にあたる人の安全には十分な注意が必要です。できれば、少し離れた場所
 に人を置き、全体の様子(落ちて来そうな物、倒れて来そうな物、火災など)を見て
 もらいます。
 複数の人が埋まっていることがあります。常に、「もうひとりいないか?」を意識
 しておきましょう。

 工具のある家庭や商店、工事現場などを知っていたら、協力を仰ぎましょう。
 また、建築の仕事についている人を知っていたら、協力を仰ぎ指示を聞きます。

 応急救護

 救出された人は、けがをしている場合がほとんどです。
 生き埋めでなくても、けがをする人がたくさん出ます。
 早い手当が命を救います。
 応急手当講習 を受けていると、人の命を救うことができます。

 安全な場所を確保し、けが人を移します。

 大きな出血があるときは

 なるべくきれいな布をたくさん集めてください。
 出血しているところに布を当て、強く押さえます。この「直接圧迫止血」が基本です。
 出血が止まらなかったら、さらに上から布を当て、圧迫を続けます。
 ビニール袋に手を入れるなど、直接血液に触れないようにすることで、
 血液からの感染症を防ぐことができます。
 手足の切断や、複雑な骨折を伴う出血など、直接圧迫できないとき、
 止血帯という方法もあります。この方法については、応急手当講習を受けてください。

 ガラスなどが刺さっているときは

 むやみに抜かないほうが安全です。
 抜いたとたんに、大きな出血を起こすことがあります。
 また、鉄片などの場合、先が曲がっていて、傷を広げることもあります。
 三角巾やタオルで、刺さっているものが動かないようにします。

 骨折しているときは

 骨折している部位に副木を当て、上下を固定します。
 副木がなければ、丈夫な、板状・棒状の物を使います。傘・丸めた雑誌などでもかまい
 ません。
 できれば、骨折している部位の上下の関節の先を固定します。
 例えば、肘と手首の間(前腕)を骨折していたら、手のひらと力こぶのあたりを固定。

 意識がないときは

 意識がないと、舌がのどを塞ぎ、呼吸ができなくなっていきます。
 気道を確保して、窒息を防ぎます。
 額に手を当て、顎を持ち上げて、頭を反り返らせるようにします。
 さらに、呼吸や心臓の動きを確かめ、必要ならば心肺蘇生(人工呼吸と心臓マッサージ)
 をします。
 具体的な方法は、応急手当講習を受け、学んでおきましょう。

 医療機関への搬送

 同時に多くのけが人が発生する震災では、救急車も、すべての現場に行くことは困難です。
 医療機関に運ぶ必要があるときは、そこにいる人の手で搬送します。
 毛布や物干し竿を使って、応急担架を作る方法もあります。防災訓練に参加し、学んでお
 きましょう。
 協力して、治療が可能な医療機関を探します。まずは、近隣の医院を、また、一時集合場
 所など、人の集まる場所で情報を得てください。避難所施設(小中学校)には、順次、医療
 救護所が開設されます。

 トリアージ

 同時に多くのけが人が発生する震災では、医療機関も、すべての患者に対応することは困
 難になります。
 ふだんなら、診察は受付順に受けられます。
 しかし、震災などの災害時には、「命にかかわる状況で、治療により助かる可能性が高い
 人」から順に治療せざるを得ません。
 打ち身、捻挫や静脈からの出血などの治療は、後回しにせざるを得ません。家庭の常備薬
 や、避難所施設にある救急箱を利用し、自分たちで手当します。

 【拡散希望】消防隊員です。被災地の皆様、貴方達を助けるために我々の同胞達も頑張っ
 ています。
 必死に頑張っています。緊急車両に道を開けてあげて下さい。逃げたいのは皆同じです。
 でも、貴方達は逃げれます。
 私たちは今逃げる道を無くした人達の救助に向かっています。開けて下さい


 明日は我が身。

 我々ブロガーにしか出来ないことがあります。


 ブロガーは拡散してください。

 ブロガーは記事を転載してください。

 MIXI・facebook・twitter・ブログ等

 貴方の1記事が人を助けることが出来ます。」

以上よろしくお願いします。


 協力してください。

 お願いします
[PR]
by fukudamineo | 2011-03-14 14:04 | 緊急告知 | Comments(3)