人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あなたと私と住宅と mfuku.exblog.jp

高性能住宅の「快適」を伝えたい!


by fukudamineo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イギリスの旅

初めての衝撃。とでも言いましょうか、このようなわらぶきの家が、ごく普通にあります。
これは、チッピングカムデンに向かう途中。
その村の、入り口あたりのものです。

日本のそれとは確かに趣が違いますが、やはり郷愁みたいなものを感じます。
今日は、その三連発で。
私も娘も、そのゆったり感に思わず、「住んでみたい!」
イギリスの旅_c0066693_974366.jpg
イギリスの旅_c0066693_982457.jpg
イギリスの旅_c0066693_99554.jpg

このような形は、今でもちゃんと実際の家として使われているため、職人さんも
若い方がいるんですね。明日は、その修復作業の様子をレポートします。
こちらにもクリックありがとうございます。人気ブログランキングへ
Commented by etegaminikki at 2008-02-18 14:36 x
安産のお参りから更新されていないのかと思っていました。
右のカレンダーをみて気がつきました。お気に入りに入れた時があの日だったんですね。
さて、お嬢さんとご一緒の旅でさぞかし楽しかったことでしょう!
もうイギリスへは遠くてなかなか行けない距離となりましたが、こうして写真をみているとあの頃を思い出します。
この地方にも何度も足を運びましたよ。
その辺からりすが出てくるなんてこともしょっちゅうでした。
イギリスの食べ物は大丈夫でしたか?朝食がとてもヘビーですよね。焼きとまと・ソウセイジ・ポテト・マッシュルームなど。でもあの薄いパンは好きでした。かりっと焼いて食べるとこれがおいしいんです。イギリスの空気はしっとりとしていて大好きですが、この冬の空はうつになりそうなほどですよね。
お花はどうでしたか?もうきっと水仙などが咲いている頃ではないでしょうか?ながくなったので、今日はこの辺で。
Commented by fukuda at 2008-02-18 19:41 x
nikkiさん、そうですよね。行く前に色々とお話を聞いておくべきでした。失敗失敗。天気に関しては、私の場合どういう訳かついているんです。雨が降ってもすぐやんで天気、曇りでもまた晴れて。
快適な気温で、日本より暖かく、おっしゃるように空気が乾燥していないため、快適な旅行でした。
田舎のB&Bですのでイギリスのいわゆるイングリッシュブレックファーストで、おしゃるようなメニューですね。確かにヘビーでした。
B&Bですから、昼食のことを考えたりしないといけないのですが、
1日2食でもOKなくらいでした。でも、本当に皆さん優しくて素敵でしたよ。花は、水洗が咲きかかりで、スノードロップがそこかしこ咲いていました。今度写真を持ってお邪魔します。
Commented by katosans at 2008-02-18 21:05
すごい・・・手入れの行き届き方が特にすごいですね。
確か、こうした家を手に入れて、少し改修して住むには、なかなか手強い許可がいるとか聞きました。
たぶん、ものすごいステイタスなんでしょうね。
Commented by muraokajun at 2008-02-19 00:38
家内も英国の紳士は、素敵だと言いました!
少し、ジェラシーを。。。しかし、「紳士」も文化なんです

素晴らしい世界の文化的住まいをみると、益々日本文化とは何か?
自分たちのDNAの中から生まれてくるものは何か?を
考えてしまいます
やはり、日本人としての誇りを持ちたいですよね(●^o^●)
海外に行ったり、多くの世界の方々に接していくと、自分、日本人を強く意識します
20年前に、「村岡は何が出来る、空手、柔道、茶道、華道、書道。。。?」
「カラオケ、演歌少し」と言った自分に恥ずかしくなりました!
日本文化を、ツマンナイ!と思っていたんですが、世界が変わりました!
戦後、日本文化を駄目なものに観る視点が、カッコいいと思われ、アメリカかぶれや、西洋至上主義が持てはやされました^^;
自分たちのルーツを、誇れる文化を、考えさせられました!

Commented by muraokajun at 2008-02-19 00:38
その2
イングランドに、日本の家がいっぱいあると変ですよね
日本にも、イングランド風の家や、ドイツ風の家や、アメリカカントリー風の家がいっぱい建つと、変かも知れません
(好きな方を否定しませんが!)
自分たちって、いったいどこから来て、どこへ行くんだろう?
福田さんは、イギリスで何を思い、何を考えました???
(お酒少々です、m(__)m)
Commented by ヨシダデス+   +   +  at 2008-02-19 06:02 x
う~ん素晴らしい!
スウェーデンにはさすがに茅葺系は無いですが
これはこれで可愛らしくもあり、雄雄しくもあり
窓やドアは新しいのにリモデルされていて・・・
う~ん素晴らしい!!
Commented by fukuda at 2008-02-19 17:46 x
katosansさん、確かにあらたに購入するのもかなり高額らしいですが、リフォームや売り家、偕家の看板がすごくありましたので、景気もきっといいんでしょうね。ステイタス、確かに。
Commented by fukuda at 2008-02-19 17:53 x
村岡さん、おしゃるように、国や地域には、その場所に根付いた文化があるものですね。その地域でないとありえないとかね。
我々の日本にも日本特有の文化はありますよね。外国に行くと
外国のよさも悪さも、日本のよさも、悪さもよく理解できるような気がします。私の場合、美しいものに洋の東西や古い新しいは、ないと
思っています。まったくのコピーもいいかもしれませんが、美しいと思うものを、こちらの地域の文化を加味しながら、導入したり、輸入したりする事はいいことだと思っています。
最後には、いいものしか残らないはずですから。
Commented by fukuda at 2008-02-19 17:57 x
吉田さん、素晴らしいですよね。ホントに。
時代に合わせて、しっかり リノベーションしています。
もちろん高断熱高気密化を計る努力をしていますよね。
なんといっても、全館暖房ですから。(エアコンはないです)
by fukudamineo | 2008-02-18 09:16 | | Comments(9)