人気ブログランキング | 話題のタグを見る

あなたと私と住宅と mfuku.exblog.jp

高性能住宅の「快適」を伝えたい!


by fukudamineo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

4月15日


桜が待ち遠しいと思っていたら、あっという間に満開になり、
あっという間に終わろうとしています。
なんともはかないですね。

いつも、桜の花見に行こうとしていて行けないうちに
花が終わります。

今日は、住宅の建つ土地の話をしましょう。
皆さんは、敷地の環境についてどう思いますか?
新しく家を建てるときに新しい場所を見て回り、
あそこにしようか、ここにしようかと、思案して、決めるわけですね。

その基準を金額だけで判断していませんか?
これが案外落とし穴になります。

まあ、売ればいいとすると、それほど気にならない方も
いるようですが、基本的に、家造りは、一生ものです。
簡単に、ヤーメタ。と言うわけには行きませんよね。

そのためにも、敷地の環境をよく考えましょう。
敷地の環境には、自然条件と、人為的条件があります。
自然条件で何を見るか?
1.敷地が回りの土地よりも低くないか?
2.風のとおりはどうか?
3.日当たりはどうか?
4.地盤は軟弱でないか?
5.盛り土なのか?切土なのか?
6.造成後どのくらいの期間が経過しているのか?
などを検討します。

人為的条件は何を見るか?
1.交通量はどうか?
2.近隣の騒音は、どうか?
3.周りに送電線はないか?
4.周りに、危険物を扱うような施設はないか?
5.周りに、異常な臭気を発生させる施設はないか?
6.下水、上水、電気、ガスなどのせつびは?
7.建築基準法で言う用途地域はどうか?
8.近隣に好ましくない隣人はいないか?
9.近隣が工事中に問題を起こすような環境か?

などのことを最低限調べましょう。
では。また
# by fukudamineo | 2005-04-15 19:08 | 家造り | Comments(2)

4月7日

いよいよ桜前線がわが町にも到着!
昨日はなんだか夏のようでした。

家造りの本音
「家は家族が幸せになるために建てるもの。」
だとわたしは確信しています。
家造りの目的は、色々あると思いますが、
一人で住むための家を造る場合もあります。
でもやはり、そこにいるのは一人でも、家族を
意識します。

一人で快適に暮らしたい人もたくさんいますから、
一人だけの家も建ててきました。
その場合は、その一人の人が自分自身の中に
家族を感じているものだと思っています。
私もそのつもりで設計します。

確かに、家造りの動機はその人の年齢や、
取り巻く環境によっても違いますから。
決め付けることはできません。

でも、たとえ皆さんの考えが違えども、私は、
家造りをとおして皆さんが幸せになることを
考えないで設計することはありません。
絶対に、幸せになってほしい!

桜の花びらが開くところを見てなんだかそんなことを
強く感じました。
http://www31.ocn.ne.jp/~welhome
# by fukudamineo | 2005-04-07 08:59 | 家造り | Comments(0)

4月5日

取材を受けました。!
昨日国際グラフと言う写真月刊誌の地域の元気企業と言う企画で
取材を受けました。CMでおなじみの清水省吾さんがインタビューをされました。
とても若々しくて気さくな方でした。
一同記念撮影でハイチーズ!
いい家造りの話で大いに盛り上がりました。
清水さんありがとうございました。
4月5日_c0066693_9113224.jpg

# by fukudamineo | 2005-04-05 09:13 | ひとり言 | Comments(0)

4月2日

現在の現場の様子をご覧ください。
4月2日_c0066693_18271427.jpg

# by fukudamineo | 2005-04-02 18:27 | 家造り | Comments(0)

3月30日

皆さん見学会の参加お疲れ様でした。

26日と27日は構造見学でした。
予約見学会となりましたが、参加者の皆さんは時間厳守を
されていて、本当に助かりました。
大体1時間くらいの時間設定でしたが、
皆さん大変熱心で、ほとんどの方が1時間以上
いらっしゃいました。

真剣にお話を聞いていただけると本当にやり甲斐がありますし、
身が引き締まります。
でも、この真剣さが、家造りに成功する第一歩なんですね。
こちらの現場は、予約をいただければいつでも工事の進行過程が
確認していただけますよ。
途中がどうなるかも見に来てくださいね。
お待ちしています。
0120-605-556
# by fukudamineo | 2005-03-30 10:32 | 家造り | Comments(0)